2017-06-27

●無理はできないが:No. 6173 2017.06.27

ナノハナ。江別

昨日に続き、今朝も肌寒い。
薄手のジャンバーを着てきた。
それでちょうどいいほどだった。
風がなく曇っているので、
少々憂鬱な天気だ。

家内は昨日病院で診断をして
まだ少し治療が必要なようだが、
体調がだいぶ戻ってきた。
通常の食物も少しだが
食べられるようになってきた。
まだ、無理はできないが、一安心だ。

今日は午後から講義が連続するが、
午前中に講義の準備と
校務書類の作成、原稿作成がある。
空き時間に研究執筆を進めたいのだが
時間が取れるだろうか。
まあ優先順にすすめるしかない。

●ブラタモリ5:No. 6172 2017.06.27

NHK[ブラタモリ」制作班「ブラタモリ5
札幌小樽日光熱海小田原」
(ISBN978-4-04-104325-7 C0095)
を読んだ。
だいぶ以前にみた番組が
書籍化されたものである。
やはりなかなかおもしろい。
現地にいって見て回りたいと
思わせるものだ。
今回は知り合いは出ていなかったが。

2017-06-26

●体調が回復:No. 6171 2017.06.26

ハナ。江別

今日は曇り。
風もあり肌寒さを感じる日である。
いつもの同じウインドブレーカーできた。
寒かった。
こんな日は少々厚着で来るべきだろう。

昨日の夕食から家内が家事をしだした。
食欲もでてきたようで、
お腹がすくといっている。
まあ、今日診察を受けて、
様子をみることになる。
このままよくなっていけばいいのだが。

今日は一日研究執筆に費やせる。
気分転換ができたのが、
できるだけ進めていきたい。

先週後半から週末にかけて
肉体的に体をつかったので、
夜もぐっすりねれた。
また、精神的にも家事で
気分転換できたのかもしれない。
今朝起きたら、頭が少しすっきりしていた。
この調子で体調が戻ればいいのだが。

●パーマネント神喜劇:No. 6170 2017.06.26

万城目学著「パーマネント神喜劇」
(ISBN978-4-10-336012-4 C0093)
を読んだ。
4つの短編からなっている本である。
神様を主人公とした話題である
コメディタッチの話でもあるが、
短編であっても、
万城目ワールドであった。
しかし、年々、万城目氏の作品の面白さは
減っていくような気がする。
長編でみても、
初期作品からだんだん面白さが減っていく。
残念だ。

2017-06-25

●家事で気分転換:No. 6169 2017.06.25

食事も制限したままで、
家内の不調がまだつづいている。
ただ、無理をしなければ
起きて動けるようにはなった。
洗濯とその片づけをしてもらった。
だいぶ助かる。

外出はまだ駄目なので、
今日も買い物には、私が行き、
夕食の準備もすることになりそうだ。
久しぶりに家事を数日したが、
今日で終わりそうだ。

体力的、精神的にかなり疲れていたが、
家内の代わりの家事で
それどころではなくなり、
一気に精神的な切り替えが起こり、
家事でいつもとは違う体の動かし方をしたので、
体力的にも持ち直したのかもしれない。

家事の片づけで腰を曲げることが多く、
腰痛の前兆のような違和感が少しあるので、
ストレッチをしっかりしなければならない。
腰痛には注意が必要だ。

2017-06-24

●バタバタ:No. 6168 2017.06.24

ハナ。江別

ここ2、3日、ばたばたしていた。
久しぶりに家事全般をした。
子どもが大きくなったので、
弁当は用意しなくてよくなったの助かった。
しかし、晩御飯の準備は
しなければらなければならかった。
洗い物は自分でしなさいということにした。
洗濯もその片づけも最小限ですました。
昨日から手伝えるようになったので、
選択だけを頼んだが、
食事とその片づけをまだ私がしている。
少しずつましになっているが、
バタバタが続いた。
今日も家事のバタバタが続きそうだ。

2017-06-22

●休まなければ:No. 6167 2017.06.22


雫。江別

昨日夕方から
今朝も雨である。
久しぶりしっかりした雨となる。

今日は午前中講義で、
午後から夕方に会議となる。
帰るのが遅くなりそうだ。

隙間時間をみて研究執筆を進めたい。
毎日、空き時間の
すべての研究に費やしている。
おかげで執筆は進んでいる。
ただし、精神的には
非常に消耗している。
今週末は休まなければならない。

今週になって体調が悪くなっている。
気だるさが抜けない。
最初は寝不足のような状態であったが、
ここ2日ほどしっかり寝ているが、
朝起きても疲れが抜けない。
体調を戻すためにも、
休まなければならない。

●蚊トンボ白鬚の冒険:No. 6166 2017.06.22

藤原伊織著「蚊トンボ白鬚の冒険」
(ISBN4-06-211198-5 C0093)
を読んだ。
藤原氏の著書としては異色である。
万城目学氏の醸し出す世界の作品だ。
しかし、詳細は藤原氏の世界だ。
なかなかおもしろかった。
これで氏の長編はすべて読んだことになる。
藤原氏は死んでいるので
もう新作はもう読めないのは少々残念だ。
短編にはまだ手が出ない。

EarthEssay 6_143 LIGO 1:幸運な観測?

EarthEssay
6_143 LIGO 1:幸運な観測?
を発行しました。

大ニュースであっても時間が過ぎると、
後続のニュースは流れてこなくなります。
一部の専門家だけで
情報が共有されているだけとなります。
情報は公開されていても、
ニュースにはなりません。
今回は、そんな人目に触れにくい話題です。

2017-06-21

●執筆を進めたい:No. 6165 2017.06.21

ハナ。江別

今日は風があるが
晴れである。
少し湿度がありそうで、
暑くなりそうだ。

今日は午前に講義なので、
その後は時間があるので
研究執筆が可能となる。
昨日はだいぶ書いた。
重要な文章が
だいぶ残っているので
まだまだ時間がかかりそうだ。
時間がかけられるのは、
充実感がある。
今日も進めればいいが。

2017-06-20

●暑くなりそうだ:No. 6164 2017.06.20

ハナ。江別

今日は少し曇っているが、
晴れである。
風もあったが、温かい。
昼間は暑くなりそうだ。
昨日のように蒸し暑くならばければいいが。

今日は午後から講義があるが、
午前中は明日の準備だけで
時間ができる。
研究執筆ができればと思っている。

2017-06-19

●時間がとれるだけ、ヨシ:No. 6163 2017.06.19

ハナ。江別

今日は曇りである。
風があったが、
肌寒さは感じなかった。

今日は昼から会議があるので、
午前中だけが仕事ができる時間である。
土・日曜日に校務で大学にでているので、
休みがとてなくて、
少々疲れが溜まっている。
でも、研究を進めなければならない。
まあ、時間がとれるのだから
ヨシとしよう。

2017-06-18

●新たな研究へ:No. 6163 2017.06.18

ポプラ。江別

今日は快晴。
心地よい青空である。

今日は校務で昼前から仕事がある。
午後も少し校務がある。
昨日の校務は午前中だったが、
少々疲れて、午後はうたた寝をしてしまった。

明日から、新たな執筆を始めることになる。
以前から進めていた研究の継続だ。
今日の午前中から
頭をそちらに向けていくために
午前中の空き時間でそれをしたいが、
校務の準備も必要だ。

2017-06-17

●やるしかない:No. 6162 2017.06.17

坂道。江別

今日は曇りだが、
それほど寒さを感じない。

今日は大学の行事があるので
いつもの時間に大学に来ている。
作業をする時間は
ほとんどない。
明日も校務があるが、
その準備をいつか
やっておこなければならない。
まあ、都合をつけてやるしかない。